「自ら考える」。創造性をやりがいに繋げられる仕事がここにはある。

佐藤  栄治 Eiji Satoh

34歳2013年入社

技術部二課所属
一級管工事施工管理技士

■ 入社の経緯

モノづくりの「やりがい」を感じるようになったのは、新卒で入社した空調設備施工会社でした。
その後、自らのモノづくりの幅を広げようと工務店勤務を経て、30歳を過ぎて再び空調設備業界に戻りました。
既に作られたものを組み立てていく仕事とは違い、空調設備の仕事は、顧客の要求にどう応えるか、自分自身の技術力や提案力が常に試されていて、すごい充実感があります。

■ 会社の雰囲気

東京セントラルエアコンは、非常にアットホームで良い社風だと感じています。
今回、いわゆる即戦力を求められる30代の転職で、社風に馴染めるか、自分がどこまで通用するか等、期待感もありましたが、それ以上に不安感もありました。
実際に入社してみて感じたのは、この会社の社風というか社員一人ひとりの温かさです。
上下関係が決して緩いわけではなく、厳しすぎもせず、困ったときに助けになってもらえる「仲間」という言葉が、この会社にはピッタリ合っている、そんな気がします。

■ 将来について

これから先、この会社にいろいろなことで助けられた分、恩返しをしていきたいと考えています。
それは、私自身が若い社員達に頼られる存在になることだと感じています。
それぞれが助け合える職場環境とさらなる技術力の向上で、この会社をより強い会社に押し上げていきたいです。

佐藤  栄治 001
佐藤  栄治 002
社員の声 No.01
社員の声 No.02
社員の声 No.03
社員の声 No.04